NEWS

NOV 30, 2020

はじめてアートを買う方必見「アート作品の買い方」

お気に入りのアートを見つけたとき、「どうやって買うの?」「アートを買う楽しみや、所有する喜びとは?」

そんな疑問にお答えします。

作品を購入することの意義って?

アートを購入するということはイコールそのアートを所有するということ。長く後世に残る作品であっても、

誰かが所有しなければ、その作品は埋もれてしまうことになります。金銭的なやりとりを経て、作家の支援や

利益になり、購入者はその作品を個人の所有作品として楽しめるうえ、そこからインスピレーションを得る

など文化的な“価値”を得ることが出来るのです。

気になる作品に出会ったら、 さあどうする?

いくつかのギャラリーに行き、作品を見ていると、どんどん自分の好みが分かってくるはず。自分の好みと、飾

る場所などがぴったりマッチする作品に出会ったら、ぜひスタッフに話しかけてみて。作家の意図や作品の

特徴を細かく教えてくれますし、ギャラリーとの相性もつかめるはず!まだ購入することを決定していない

から話しかけ辛い……。という心配は無用です。まずは信頼できるギャラリーかどうかを見極めることはとても

大切です。気になったことは色々と質問してみましょう。

作品を購入する際の注意点は?

作品を購入するというのは、ただの商品と金銭のやりとりとは異なり、ひとつの契約であるということを忘

れずにいましょう。特に難解な手続きが必要なわけではありませんが、契約内容をきちんと確認しましょう。

購入後は、作品ともギャラリーとも長いおつきあいがはじまります。購入時の書類には、展覧会出品の際の貸

し出しに関することなど重要な事項もあるので、大切に保管を。

”上記 出典・参照 「ART MARKET TOKYO Vol.3 March 6, 2019」”


あなたのお気に入りのアート作品にきっと出会えるartKYOTO 2020 前売り券の情報はこちら