NEWS

SEP 2, 2019

開催間近:artKYOTO 2019 出展ギャラリー・美術商レイアウト公開

二条城の歴史的空間を舞台にしたアートフェア  artKYOTO 2019

ギャラリーレイアウトを公開!

令和の新時代に初開催となる世界遺産・二条城を舞台にした国際アートフェア「artKYOTO 2019」。

二条城の各会場での全31出展美術商レイアウトが決定しました。

二条城内部 artKYOTO 2019 全体レイアウト

二の丸御殿台所・御清所 ギャラリーレイアウト

「二の丸御殿台所・御清所(おきよどころ)」には、地元京都のギャラリーとして、

時代にとらわれず優れた日本美術を扱う“思文閣”、古美術と茶道具を扱う“宇野商店”、

若手作家から物故作家まで国内外の現代美術を紹介する“ART OFFICE OZASA”らが出展。


さらに東京からは、海外のフェアにも数多く出展実績のある“タカ・イシイギャラリー“、

” シュウゴアーツ“、“ミヅマアートギャラリー“らが、

海外からはニューヨークの” CHRISTINE PARK GALLERY “なども出展し、

土間と板間が一体となった広大な空間に、古美術・工芸から近代美術、

現代アートまで国内外有数の24軒の美術商が軒を連ねます。

東南隅櫓 ギャラリーレイアウト

堀に面する「東南隅櫓」には、京都の“古美術 柳”、小牧の“古美術もりみや”、

芦屋の“ギャラリー HATA Bros.”、大阪の“Galleria Col”、名古屋から“SHUMOKU GALLERY”の5軒が出展します。




二条城の歴史的空間を活用した各ギャラリー展示も注目

artKYOTO 2019 前売り券の情報はこちら